なぜ わたしが?

Views: 21

        なぜわたしが
  危機の中で生きることを学ぶ
          エリカ・シューハート
   戸川英夫監修
   山城 順 訳

※ページへのリンクは左端の下線付き赤色文字をクリックしてください。
なぜかリンクをつけると文字全体が小さな文字になってしまい、仮の改善策として、こうしてみました。
————–
0  目     次      (2)
  謝 辞    (4)
  目 次   (5)
  凡 例   (8)
  日独友好150年へのご挨拶   
      30年後に日本人の手に渡った一冊の本  (9)
   危機の中で生きることを学ぶ
    12版と11版の改訂増補・記念出版のための序文 (13)
   らせん たましいの旅のシンボル    (18)
🔸🔶🔶🔷🔲🔲🟩🟦🟨🟥🟫

第1章 被害者と家族の経験       1

 

第2章 八つのらせん局面からなる危機対処の学習プロス                                                                                                             18

   1 図版 伝記のデータ 42

    2 パール・バックの危機対処ー母よ嘆くなかれ」の事例研究 48


第3章 生活のなかのケアと信仰   59

    1 ルイゼ・ハーベル 「階段をのけて!」 小児まひによる被害 59

    2 イングリット・ウェーバー=ガスト
     「あなたがわたしの不安から逃げなかったので」 うつによる被害  73

    3 ジャック・リュセラン 「とり戻した光」「人生は今日始まる」  86
     失明と政治的迫害による被害

    4 ルツ・ミュラー=ガルン 「あなたをわたしの手で支えている」
     シルヴィアとアルベルト=ゲレス 「知的障害をもつ子どもと生きる」

     子どもの知的障害による被害     100

    5 ローレル・リー 「火の中を歩いても焼かれず」

     がん、離別、死の宣告による被害      115

第4章 被害者の問題としてのケアをする人        128

 

第5章 苦しみと苦しむ能力についての神学的展開    150

    1 ハンス・キュンク 「神と苦しみ」   152

    2 ドロテー・ゼレ 「苦しみ」             160

    3 A ・ M ・ K ・ミュラー 「苦しみの意味について」
     行為者のドグマの崩壊                    171

4 ギースベルト・グレシャーク 「愛の代価」苦しみについて考える 176


5 神学を考え問う                      185

    要約                                            189

6    注 (訳者注)                         201
   補遺                                            218

    あとがき・著者                          231

  訳者                                              233
  著者・監修者・訳者略歴             235
  凡例