カンタータ 歌詞について

Views: 1

カンタータ 歌詞について

BWVブログ 歌詞作者 論文より  

 小島芙美子 東京藝術大学 古楽研究科(バロック声楽)博士論文
J.S.バッハのカンタータBWV51とBWV199における技工的・劇的表現を巡ってー当時の女性ソプラノ歌手の活躍の観点からー

歌詞作者

ソロ・カンタータ・ソプラノ. 5曲
BWV199,52,82,84,51
 BWV199は、ワイマール、ケーテン,ライプツィヒで計4回再演されている。
BWV82は1727年来6回の再演が行われている。

ソロ・カンタータ・アルト 5曲
BWV35 54 82 169 170
ソロ・カンタータ・テノール 1曲のみ
BWV55
ソロ・カンタータ・バス
BWV56 82
ワイマール時代(1708-1717)
 毎週のカンタータ作成は,福音書と使徒書簡の聖句に添った台本を手元に準備することから始めた。台本作者が確認できるのはBWV199Gottesfaliges Kirchen-opffer」(1717)
 BWV84の歌詞はピカンダーChristian Friedrich HenriciPicander(1700-1764)「1年分の日曜・祝日のためのカンタータ集」上記BWV199,52,84,51は16世紀、17世紀に作られたコラール歌詞が含まれている。
(1728)
レームスの詩 10曲
BWV13,16,32,35,54,110,151,170,199,57
ーーーーーー

 BWVブログ 歌詞作者 論文より 小島芙美子 東京藝術大学 古楽研究科(バロック声楽)博士論文 J.S.バッハのカンタータBWV51とBWV199における技工的・劇的表現を巡ってー当時の女性ソプラノ歌手の活躍の観点からー 歌詞作者 ソプラノ.ソロ・カンタータ 5曲 BWV199,52,82,84,51 199♪は、ワイマール、ケーテン,ライプツィヒで計4回再演されている。 BWV82は1727年来6回の再演が行われている。